コルビジェ LC10

斬新且つシンプルなテーブルLC10

LC10は、コルビジェが手がけたLCシリーズの中でも、数少ないテーブル製品。その特徴はと言うと、天板が全面ガラス張りになっており、金属パイブ製の4本の脚をもっている点です。ガラスと金属パイブだけで構成されている為、見た目の印象は、非常にシンプル。しかしながら、その佇まいからは、とてもダイナミック&シャープな洗練された印象を受けます。見る者を魅了して止まない、とても斬新なテーブルです。 このLC10には、建築家・コルビジェとしての基本概念である「垂直」「直角」「直線」が、大胆に取り入れられており、ダイニングテーブルと少し低いセンターテーブルの2パターンがあります。日常のどんなシーンにも取り入れ易いデザイン性の高さも兼ね備えています。コルビジェが発表してから、現在まで、1世紀たった今でも尚、とても多くの人から愛用されている人気のテーブルです。 オリジナルは、1920年代の飛行機に使用されていたものと同質の素材を脚部に使用しています。

Copyright © ル・コルビジェのソファ LC2購入術 All rights reserved